ホーム > 一般家庭用商品一覧 > 床用ワックス > マキシマム ビート

オイルステイン・油加工・無垢床専用ワックス

No.039 「マキシマム ビート」

アイコンについて

ワックス 2kg
ワックス 4kg

項目 光沢 マット セット お試し 耐久性 耐久性 作業難易度 作業難易度

オイルステインや油加工の床に適している水性ワックスです。
自然な仕上がりで、目にも優しい白木本来の風合いが楽しめ、床を長く保護できます。
ハンディーモッププレゼント! 

ご注文商品はすべて翌営業日出荷

送料・支払手数料無料

  • 配送・お支払について
  • お買い物の仕方はこちら
容量 / 定価 ネット限定特価 ご注文
・ 2kg 定価 ¥7,340 → 5,140
・ 4kg 定価 ¥13,220 → 9,260
・18kg 定価 ¥47,110 → 32,970

商品パンフレット/総合カタログ

この商品のパンフレットは只今準備中です  一般家庭用商品総合カタログをPDFでダウンロード  業務用商品総合カタログをPDFでダウンロード  セット・お試し品総合カタログをPDFでダウンロード  施工道具・床補修グッズ総合カタログをPDFでダウンロード  フロアコーティング施工総合カタログをPDFでダウンロード

関連商品

ビーズワックス ビーズワックス
全て天然成分の蜜蝋ワックス
ウッドクリーナー ウッドクリーナー
ワックスを塗る前と普段のお手入れに
柄付きモップ 柄付きモップ
立ったまま楽に塗れる伸縮式ワックス用モップ

詳しい特長

この製品について

輸入住宅の無垢の床、又オイルステインや白木の床、油加工の床に適している水性ワックスです。目にも優しい自然な仕上がりで、白木本来の自然な風合いが楽しめます。塗膜形成後は赤ちゃんやペットが舐めても安全で、抗菌作用もあり衛生的に保てます。床を長く保護できます。

※「光沢タイプ」と「マットタイプ」は、同一価格で統一致しました。

適した用途

適した床材 輸入住宅の無垢の床、オイルステインの床、白木の床、油加工の床

どういう人にお勧め

お勧めの方 輸入住宅にお住まいの方、オイルステインの床、油性ワックスをお塗りになった方、
白木の床等、水性の樹脂ワックスが塗れない床に適しています。

人体や環境への影響

ホルムアルデヒド・トルエン・キシレンを始め、「シックハウス症候群」に指定されている全化学物質を一切使用しておりません。よって、建材関連のシックハウス証明書と言われている「F☆☆☆☆証明書」の発行義務もありません。当社製品は全て非該当ですので、安心してご利用頂ける人体にも環境にも大変優しい製品です。

環境ホルモン疑義物質 該当物質を一切使用しておりません
化学物質管理促進法(PRTR法) 規制該当物質を一切使用しておりません
揮発性有機化合物(VOC) 厚生労働省指定の全14種類の化学物質を一切使用しておりません
F☆☆☆☆証明書 <エフ・フォースター>認定義務の非該当製品です
改正建築基準法 当該法律に言う建築内装材の規格の非該当製品です

性能の目安

耐久性 半年

  ※データは一般家庭でのあくまでも平均値です。
  ※温度・湿度・塗布回数・環境により変化しますので、正確さ・性能・品質を保証するものではありません。

種類・成分

種類 水性
成分 カルナバ、パラフィン、抗菌剤、顔料(USA)=マットタイプのみ、他

標準使用量

  ワックス1度塗り ワックス2度塗り
ワックス 2kg 100m2( 60畳) 50m2( 30畳)
ワックス 4kg 200m2(120畳) 100m2( 60畳)
ワックス18kg 1000m2(600畳) 500m2(300畳)

  ※あくまでも標準使用量であり床材や塗り方により変動します。又、2度塗りをお勧め致します。

ご利用方法

ご使用方法

(1)
床の洗浄は「ウッドクリーナー」を使用 床を洗浄中
まず床の表面の油分や汚れを「ウッドクリーナー」で十分に洗浄し取り除きます。目に見えない汚れや手足の油分が沢山付着しておりますので、特にワックス塗布前には必ずお使い下さい。ワックスの仕上がりや密着性が断然違います。
(2) 汚水を除去し、綺麗な水で水拭きをしてから床面を乾燥させて下さい。
(3) ワックスの原液をモップに滴り落ちない程度に付け、床の目に沿ってムラ無く均一に塗って行きます。
(4) 表面は約30分〜60分で乾きますが、環境により異なりますので完全乾燥を確認して下さい。
(5) 塗膜が乾燥したら空拭きをして下さい。
(6) 塗るのは、立ったまま楽に塗れる伸縮式「柄付きモップ」がお勧めです。一般の方でも大変上手にムラなく綺麗に塗れます。

ワンポイントアドバイス

(1) 床表面には手垢・埃・油分等、目に見えない汚れが沢山あります(新築の場合でも同じ)。必ず「ウッドクリーナー」で汚れを完全に落としてからワックスを塗布する事です。汚れが閉じ込められたり、ワックスやモップに埃や汚れが付着して美しく仕上がりません。「ウッドクリーナー」で目に見えない油分までも除去しておく事は基本的なコツです。
(2) 床面の水分を完全に乾燥させてからワックスを塗布して下さい。
(3) ワックスは床の目に沿って薄く一回塗る程度です。伸びが良くて塗り易いタイプですので、何度も同じ箇所を擦らないで軽く一回塗って下さい。厚く塗ると厚みにムラがでやすくなります。
(4) 立ったまま楽に塗れる伸縮式「柄付きモップ」を使用すると、一般の方でも上手に塗れますので、これは絶対お勧めです。

ご質問・お問い合わせ

一般的な質問や商品に関する疑問等は「よくある質問」のページに掲載されていますが、その他の疑問・質問・ご要望・ご相談等ございましたら、「お問い合わせフォーム」よりお願いします。販売担当が迅速に対応させて頂きますので、必ずネットでお問合せ頂きますようご協力お願い致します。

毎日のお手入れ

普段のお手入れ方法

(1) 普段は乾いた柔らかい布で乾拭きをして下さい。
(2) 水拭きをすると艶が低下する場合がありますので、性能が低下したと感じたら、ワックスを再塗布して下さい。
(3) 化学モップや化学雑巾はご利用なさらないで下さい。滑り易くなり、又汚れも付き易くなり、変色の恐れもあります。大変ポピュラーで簡単に埃も取れ使う方も多いようですが、油脂成分により逆に汚れが突きやすくなります。
(4) 掃除機はできるだけ優しく扱い、椅子の足にはフェルトを貼る等、床への摩擦を極力減らすと、美しい光沢や塗膜が更に長持ちを致します。
(5) 性能や持続性は環境により大きく異なります。光沢が薄れたり滑りやすくなったら再塗布して下さい。

ご注意事項

ご注意事項

(1) 作業は、カラッと晴れて湿度が低くて天気が良い昼間に行い、10℃以下・30℃以上・雨天・低気温・高湿度・夜間・強風時はお避け下さい。正常な塗膜が形成されないと共に、本来の性能が発揮されません。
(2) 合板フローリングのように、表面塗装のある床には塗れません。ワックス液が弾かれて上手く塗膜が形成されません。フローリング床には「高分子樹脂ワックスG」「ウレタン樹脂ワックス」のような、水性の樹脂ワックスをお塗り下さい。
(3) オイル系やロウ成分含有ですので、滑りやすく感じる場合がありますのでお気を付け下さい。
(4) 水が付着すると、表面が白くなる場合がありますのでお気を付け下さい。
(5) 他の容器に移した液や、一度使用した液は、元の容器に戻さないで下さい。
(6) 密栓して、高温多湿を避け、冷暗所に保管すれば、何年も保存が可能ですが、お早めにご利用下さい。
(7) 全ての製品の性能・品質を保証するものではないと共に、データや性能は正確で誤りが無い事や、使用する全ての素材に不具合が発生しない事、又、全ての人やペット等にアレルギー症状が起きない事等を保証するものではありません。必ずご使用前に目立たない箇所でテスト使用してからご利用下さい。
(8) この製品は受注生産品の為、返品・交換・キャンセルはできません
その他の商品も、出荷後は、キャンセル手数料がかなりご請求されますので、ご注文前に今一度内容を、ご確認されますよう、十分ご注意下さい。 → 商品返品・交換規定はこちら

よくある質問

良くある質問集 Frequently Asked Questions

臭いはどうですか
カルナバ等の成分が入っておりますので、液体そのものは多少臭いを気にされる方もいると思います。唯、乾燥後は臭いも取れてきますので、生活への支障は殆ど大丈夫です。
どうして水性の樹脂ワックスが塗れないのですか
オイルステインの床は油性ですので、水性の樹脂ワックスは弾かれて塗膜が形成されません。その逆も同じで、表面塗装のあるフローリングでは油性系は上手く塗れません。よって、輸入住宅によくあるような油加工済みの床には、この「ビート」のような専用液がお勧めです。
ツヤはどんな感じですか
<光沢タイプ>は、淡いしっとりとした、自然な艶仕上げになります。テカテカにはなりません。
<マットタイプ>は、塗った感じがあまりせず、敢えて艶は出さない仕上がりです。
子供や年寄りがいるのですが
抗菌成分も含まれておりますので衛生的で、抵抗力の弱い子供やご年配の方にも安心です。又、被膜形成後はペットや赤ちゃんが舐めても無害ですので心配ございません。唯、滑るような成分が入っておりますので、若干滑りやすい場合がありますのでご注意下さい。
床暖房には
床暖房の床でも影響しませんので、全く問題ございません。ひび割れるような心配もございません。但し、必ずスイッチを切ってからワックスは塗布して下さい。
古いワックスが塗ってあるのですが
水性の樹脂ワックスが塗られた床に塗ることはできません。既存の塗膜が油性ワックスやオイルステイン等の場合は大丈夫です。

ページの先頭へ